京都でボディメイク!

京都でボディメイク!京都のジムでボディメイク&ダイエット!

 

京都育ちのカノンが、「京都でボディメイク!京都のジムで女性がダイエットしてきれいに痩せるボディメイクは?」 と思う方に、京都ボディメイクする方法をご紹介します。一念発起したダイエット、ジム通ったり、運動したり、食事制限したり、何かと頑張っているのに、全然痩せなかったなんて悲しすぎませ~ん?頑張っているにに痩せないという経験は、女性なら一度はあるはずです。京都できれいに痩せたい女性は、必読です!!

 

京都でボディメイク!京都のジムでボディメイク&ダイエット!

 

 

 

京都で、ボディメイクを求める声が急増中なわけは?

 

京都で、ボディメイクを求める声が急増中なわけは?

 

ここ京都では、ボディメイクを求める声が非常に増えています。ジム業界、トレーナー業界、美容業界、エステ業界、ダイエット業界、矯正下着業界などまで、「ボディメイク」という言葉を、京都でも、近年急激に目にするようになってきました。

 

京都で、女性らしくきれいに痩せるダイエットにしたい。

京都で、ダイエットするならモデル体型にボディメイクしたい。

京都で、ファッションを楽しむように体型自在にボディメイクしたい。

 

というのが、京都の女性が求めるボディメイクだと思います。

 

ここ京都でも、ボディメイクの評判口コミ情報が溢れかえり、猫も杓子も、ボディメイクと言っている時代に入っています。ボディメイク情報氾濫の京都では、頑張ってダイエトしているのに、体型が変わらないとか、ジムで筋トレしてしるのに、女性らしい体型にならないなどと、ボディメイク難民が急増しています。そして、きとんとしたボディメイク、本物のボディメイクの情報を求める声が京都で急増しています。

 


ボディメイクとは?ただ痩せるだけのダイエットとボディメイクとの違い

 

京都のボディメイクとは?/京都の女性ボディメイク方法

 

上半身は痩せているのに、下半身は太いまま・・。

上半身がSサイズなのに、下半身がLサイズ・・。

逆に

脚は細いのに、背中やお腹など上半身は太い・・。

 

たとえば、上半身がMサイズ下半身がLサイズの女性の場合です。この女性が、ダイエットしてがんばって痩せたとしても、

 

上半身がMサイズ下半身がLサイズ

  ↓

上半身がSサイズ下半身がMサイズ

 

になるだけで、

上半身と下半身アンバランスのまま・・・。

 

女性ダイエットの場合、それでは意味がありません。必要なのは上下ともにSサイズにボディを変えていく「ボディメイク」ではありませんか?

通常のダイエットでは、ただ全体的に痩せていくだけ。気になる部位に限って痩せないとか、部分痩せできないといった不満が残ります。上半身の方がにボリュームがある女性もいますし下半身の方がボリュームがある京都の女性もいます。アンバランスな体型をバランス良くし、きれいに女性らしく痩せてボディメイクしていきたいという気持ちはありませんか?どんな服もファッションも楽しめる体型になることが女性のダイエットの目的であり、その要望に応えられるものこそ、ボディメイクといえます。ただ痩せるだけのダイエットと違う、本当の意味でのボディメイクをしませんか?

 

 

京都の女性にボディメイクを!

ボディメイク

そこで、京都の女性の皆様に、本当にお役に立つボディメイク情報を届けられるよう、ボディメイク駆け込み寺と呼ばれ、ボディメイクパーソナルトレーナーとして世界的にも有名な「おぜきとしあき」氏のボディメイクジムやボディメイク記事、ニュース関連の情報源から、京都でボディメイクするにはどうしたらよいかを、ご紹介していきます。ボディメイクといえば、おぜきとしあき氏です。

 

 ボディメイク = おぜきとしあき氏

 京都のボディメイク = おぜきとしあき氏

 

 

ボディメイク必須要素

ボディメイク駆け込み寺おぜきとしあき氏は、堅実にボディメイクしたい京都の女性のため、以下のボディメイク必須要素3つを確実に押さえなければならないと言っています。

 

 

京都の女性がボディメイクするべき、必須ボディメイク

 

京都の女性がボディメイクするべき、必須ボディメイク

 

女性がボディメイクしていく上で、どんなトレーニングエクササイズを何回行えばよいかというトレーニング種目やエクササイズツールなど具体的なボディメイク方法を探る前の大前提として、まずはボディメイクの基本概念を理解する必要があります。そして、この3つのボディメイク必須要素を必ず満たす必要があります。


 ① 体積調整(体積増減)


 ② 形(関節角度)


 ③ 身体機能(ねじれ反発・ダイアゴナル連動・骨盤のあそび)


逆にこれらの概念がひとつでも欠けていれば、ボディメイクとはいえないと考えます。なぜなら、ただ痩せるだけのダイエットではきれいな体型になるとは限らないからです。やせたからといってどんな服でもかっこよく着こなせるようになるかといえばそうでもありません。


どんな服でもかっこよく着こなせるよう体型になるためといったボディメイク&ダイエットをファッションとしてとらえるには、本当の意味での正しいボディメイクとはを理解することがまずは必要なのです。



① 体積調整(体積増減)


この段階では、いわゆる、痩せた太ったという、一般的なダイエットのレベルです。体重が重いから膝に負担かかるのを改善しようとか、健康に悪いから体重落とそう、服のサイズがLサイズからMサイズになったというレベルになります。痩せる必要ないという方以外は、ボディメイクの基礎中の基礎となる部分ともいえます。しかし、全体の形(シルエット)の変化まで求めるには、以下②形(関節角度)の要素を考慮しなければなりません。そうでなければ、以下の図のように、下半身太りで下半身の方がボリュームある方は痩せても下半身と上半身のアンバランスはそのままということが起きます。これが、落としたい下半身がどうしても落ちない、部分痩せができない、といった原因なのです。

   ボディメイクとは・ボエィメイクとダイエット



② 形(関節角度)


ボディメイクには、いわゆる、見た目の形作り、シルエット作り、ボディライン作りが必要です。人間のカラダは非常にシンプルにいえば、骨と筋肉です。骨という積み木の積まれ方で、外見のシルエットが変わってきます。同じ体積量のカラダでも、屋台骨となる骨組みが違えば全く別物となっってしまいます。下記の図をみてください。


まっすぐボディとくねくねボディ ボディメイク


外見のシルエット(体型)とは、上記の図のように、積み木が積み重なっている積み木の向き(関節角度)によって構成されています。上記左図は、積み木の向き(関節角度)が「くねくね」、右図は積み木の向きが「まっすぐ」、この違いが外観のシルエットを作り出して体型を成しているのです。


通常一般女性の場合、カラダを横から見たとき関節角度が、途中途中で前に傾いていたり後ろに傾いてしていて骨格の関節角度が凸凹しています。つまり「くねくねボディ」(図左)なのです。


あのトップモデルの洗練されたボディラインの秘密は何でしょうか?それは頭から足先までつながった直線的なシルエットです(図右)。つまり「まっすぐボディ」(図左)なのです。


つまり、モデルの洗練されたボディラインにするには「くねくね」を「まっすぐ」にしなければ、いくら痩せても、きれいには痩せないのです。「くねくね」を「まっすぐ」にしなければ、痩せても上半身だけとか、脚がきれいにまっすぐ脚にならないとか、ぽっこりお腹が痩せないとかになってしまうのです。


では、「くねくねボディ」を「まっすぐボディ」にするにはどうしたらよいのでしょうか?


それには、まず関節角度を調整する必要があります。具体的には、その関節角度を決めているのは、筋肉の強さバランスですから、たとえば、上記図だと、左側のタイプの人はモモの裏側より表側が強く、背中側が強いがお腹側上部が弱いなどの特徴が出てきますので、痩せても姿勢が悪いままとか、痩せても下半身太りは下半身太りのままでは嫌だというニーズに応えるには、ここを考慮しなければ根本的には解決されません。これは、骨盤前傾後傾といった骨盤の傾斜角度、O脚、X脚、骨盤左右ゆがみなどと言われている問題でもあるのです。この関節角度調整は、骨盤の前後の傾きだけといった一点だけでは不十分ばかりか、むしろ骨盤の傾きだけといった1点だけの関節角度調整では、かえって体型を崩す結果にもなるのは、力学的にも容易にご理解できることと思います。当然ながら、足首、膝、首など、複合的に関節角度を調整していくことがポイントとなります。


また、トップモデルのあの洗練された直線的シルエット「まっすぐボディ」の直線的な関節角度は、モデル筋から構成されているので、 あなたに必要なモデル筋の筋肉部位強化のトレーニングを行っていけばよいのです。


当然ながら、①体積調整(体積増減)との併用でなければ、この関節角度調整だけのエクササイズをおこなって、サイズダウンはしません。逆に体重を落とす必要なく痩せる必要もないという体積を小さくする必要ない人は、この②と下記③だけで十分となります。



③ 身体機能(ねじれ反発・ダイアゴナル連動・骨盤のあそび)


トップモデルがマラソンに挑戦するため毎日ジョギングしたとしても脚が変な筋肉のつき方により脚の形が悪くなることはありません。


それはなぜでしょう?


その理由は、前述②の関節角度に加え、“モデル身体機能”といわれる身体機能がきちんと備わっているからです。


痩せても痩せてみえない場合が多々あります。いくら①体積を減らし②関節角度を整えたとしても、


 ・ねじれ反発

 ・ダイアゴナル連動

 ・骨盤のあそび


の身体機能がなければ痩せてみえない・・・という残念なことになってしまいます。そういう意味でも、


・痩せてサイズは落ちたのに、痩せたといわれない・・・

・痩せたのに、写真写すと痩せて見えない・・・


それにはちゃんと理由があるのです。それは、身体機能解剖学着て視点から、ガチガチした動きのロボット状態だからです。


がんばって痩せたのにボディメイクの最後の仕上げで次第で、痩せたように見えないというのでは努力が無駄になってしまいますね。あなたもそんな状態ではありませんか?


そのためには、ガチガチのロボット状態から、トップモデルと同じようなしなやかな動きができるような身体機能を付加していく必要があります。具体的には、①体積②関節角度調整のトレーニングに、


 ・ねじれ反発 

 ・ダイアゴナル連動

 ・骨盤のあそび


という3つの身体機能向上トレーニングを付加していくことになります。


これらのねじれ反発・ダイアゴナル連動・骨盤のあそびという3つのボディメイクに直接影響するボディメイクに特化した身体機能向上トレーニングの身体機能解剖学的概念がないのは、ボディメイクにおいて致命的ともいえます。なぜなら、がんばって痩せたのにボディメイクの最後の仕上げで次第で、痩せたように見えないのですから。

 


京都の女性の努力が無駄にならないように

 

京都の女性の努力が無駄にならないように

 

せっかく京都でボディメイクしようと決意したのに、遠回りなダイエット方法だったり、間違ったボディメイク方法だったりしたら、あなたの努力と時間が無駄になってしまいますね。

 

さて、次は、京都でボディメイクする女性のために、京都育ちのカノンが、ボディメイクの基本をご紹介します。

 ボディメイクの基本へ|京都でボディメイク!京都のボディメクジムボディメイクの基本(京都編)へ

 

 

京都ボディメイク



京都育ちのカノンが、京都の女性のためのボディメイクを紹介しています。